佐藤 公俊 / SATO kimitoshi

サウンドデザイナー・ミュージシャン / Sound Designer, Artist


振動マイクを用いたエクスペリメント・ミュージックやパフォーマンス、音の本質へと踏み込むコンセプチュアルなアート作品を制作する一方で、オープンリールデッキを改造し、楽器のように操る「Open Reel Ensemble」の元メンバーとしてトラックメイクの中心を担い、ISSEY MIYAKEなどのファッションショーや映像作品の音楽も手がけた。

またSountrive名義でDJとしても活動し、テクノとエスノを行き交うサウンドシャーマンとして都会の電子音から民族の舞踏までをミックスする。


多摩美術大学 美術学部 情報デザイン学科 情報芸術専攻 卒業
多摩美術大学大学院 美術研究科 デザイン専攻 修了

第14回文化庁メディア芸術祭
学生CGコンテスト インタラクティブ部門 優秀賞 受賞


mail: sountrive.2505@gmail.com


news: evet

Sound Produce:J-Wave Special『RANGE ROVER UNEXPLORED RADIO』

2021.05.10






J-Waveのスペシャル番組『RANGE ROVER UNEXPLORED RADIO』のサウンドプロデュースを担当。

「未踏の地から、心を解放する"贅沢な時間"をお届け」をコンセプトに、大分県由布市湯布院にある火山「伽藍岳・火口乃泉」にて長時間に渡るフィールドレコーディングをおこない、録音した大地の鼓動を思わせる噴気音をはじめ、大自然にこだまする神秘的な火口の音を環境音を番組のメインBGMとして使用した。


至る所から蒸気が吹き上がる異様な光景が広がる中、瓦礫の積もる中腹や背の低いブッシュの中、蒸気孔付近など様々な場所にマイクをセッティング。稀有なサウンドスケープを余すことなく録音するため、設置場所や集音方法など現場で様々な方法を試行錯誤した。荒れた山道を疾走するレンジローバーの走行音やエンジン音を使用し、オフロードを走破していく力強いサウンドで番組冒頭を彩る。

レコーディングは主に「DSD 5.6MHz」や「アンビソニックス」方式でおこない、特にアンビソニックス方式でレコーディングした音源は後にバイノーラル変換、臨場感あふれるサウンドスケープを制作することに成功した。


更に番組中のBGM、ジングル全ての制作を担当。現地に赴き五感で感じた体験をそのまま楽曲に変換することで、プログラム全体に統一感を持たせハイクオリティな番組を提供することを目的とした。




ラジオアーカイブ(ダイジェスト):





===

On Air:2020.11.23 mon. 18:00 - 20:55

Navigator:
グローバー

Guest:
大山渉(BimBomBan楽団)
森泉(モデル)
田村 優(ラグビー日本代表)
吉岡徳仁(デザイナー・アーティスト)

Sound Produce:
佐藤 公俊





Link:
J-Wave Special『RANGE ROVER UNEXPLORED RADIO』
LAND ROVER 50th Anniversary「RANGE ROVER UNEXPLORED RADIO」

_